オシャレなグッズとトリミング!14周年を迎えた人気ショップ

STEP12 ワンちゃんの老後

犬の平均寿命は、個体差はありますが、15歳前後と言われています。
7〜8歳を過ぎると、見た目では若い頃と変わらなくても体の内側から少しずつ変化が生じてきます。
愛犬が元気で幸せなシニア期を迎えられるように、できることから始めていきましょう!

シニア犬になると変わること

シニア期を迎えると、体にさまざまな支障がでてきます。

性格が頑固になると言われることがよくありますが、目や耳が不自由になることで、飼い主とのコミュニケーションがうまくできなくなりわがままな態度を取ってしまうことが主な原因。

なぜ今までと違ったことをするのかを飼い主が理解できるよう努力しましょう。

  • 視力が弱くなる
  • 耳が遠くなる
  • 歯が抜ける
  • 運動能力の衰え

シニア期の食事~気をつけたいこと~

7~8歳くらいからシニア用のフードに切り替えていってもよいでしょう。

健康状態をみて必要ならシニア用のサプリメントなどもあるので、不足している栄養素などを補ってあげましょう。

犬の年齢早見表
小型犬 1歳 2歳 3歳 6歳 11歳 15歳 18歳 20歳
人間 16歳 23歳 28歳 40歳 60歳 76歳 88歳 96歳

※中・大型犬は計算が異なり、小型犬より早く年をとるといわれています。

☆飼い主の心構えとして

シニア犬の介護は、飼い主はもちろん、その家族の協力が必要になってきます。

ワンちゃんを飼うときに、老後まできちんとお世話ができるのか話し合ってから飼うようにしましょう。

シニア犬にとっては、環境が変わることが大きなストレスになることが多いので、ライフスタイルや家の家具の配置などは極力変えないようにしてあげましょう。

☆食事を食べたがらない

噛まなくても食べられるウェットフードや栄養補助剤を活用。

水分補給はこまめにしてあげましょう。

☆愛犬とのお別れ

愛するペットの最期をどのようにして見送ってあげるか、専門家に相談しながら決められます。


愛する家族へ贈るおくりもの

道後フォレストガーデン

亡くなったペットたちに安らかに眠ってもらうためのペット霊園。
市内中心部からのアクセスもよく、お見送り式を行うセレモニールームからダイオキシン対策済みの火葬炉、慰霊碑・墓地までそろっているので、個々に合ったスタイルでの葬儀が可能。


住所:松山市溝辺町乙531
電話:0120-404102
営業時間:9時~18時 休日:無休
駐車場:50台
URL:http://dogoforestgarden.com

  
089-927-3828
(C) 2018 Dog terrier. All rights reserved.